Naoki の居酒屋日記

フィリピン・セブ島在住20年の Naoki が綴る居酒屋日記
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

マスクだけでは防げません。

 

日本の皆様お元気ですか〜〜〜。

 

(特に大都市に居る皆様の方が心配になって来ました)

 

専門家の方々が・・・・

 

 新型コロナウイルス対策を検討する政府の専門家会議(座長=脇田隆字・国立感染症研究所長)は1日、感染者が急増する都市部を中心に、爆発的な患者増加(オーバーシュート)が起こる前に医療現場が機能不全に陥ると予想されるとして、早急な対応を求めた。感染の拡大に応じて3地域に分けて対応する考え方を示し、大きく拡大している地域は学校の一斉休校も選択肢の一つとした。

 

と言っているのに・・・・

 

安倍総理は、

 

「洗えるマスクを2枚支給」

 

(洗えてもマスクじゃ〜済みませんよ?)

 

アメリカでは感染者が20万人を超え死者は4600人以上となりました。

 

(ニューヨークだけで感染者は8万人を超えました)

 

昨日のニュースでは・・・

 

”山梨で0歳の赤ちゃんが感染”

 

(赤ちゃんの両親は感染していない?)

 

それでは何処から・・・・・

 

殆ど母親と一緒なのにどうなっているのでしょう。

 

(なめたらアカンで〜新型コロナウイルス?)

 

 

 

 

最近ヤル事が無いのでニュースを見たりユーチューブを見るだけ・・・・

 

(昨日はラジオ体操しました)

 

 

(パソコンを頂いた川崎のKWIさんお陰で助かっております)

 

皆さんも運動して下さいね。

 

セブの話をしますと外に出られない年寄りが困っております・・・

 

「ビールも買えない外に出たら”年寄りは危険だから家に居なさい”と注意された」

 

(私も好きだからお酒が買えないのが痛いですね〜)

 

前回臨時便に乗れなかった友人から連絡があった。

 

「学校の契約も終わりでここを出なくてはならないんだ」

 

(3食付きだったから勉強が無くてもホテルには住んでいた)

 

「じゃ〜ホテルに移るの?」

 

「それが何処のホテルも予約が出来ないんだよ〜?」

 

(観光客も居ないからホテルは客を取らない?)

 

 

 

そう言えば前に・・・・・

 

”マニラではホテルからお客さんが追い出され野宿している”

 

と言ったニュースを見た事がある。

 

(野宿は無いよね〜〜?)

 

 

 

「セブもダメなんだ?」

 

「マンダウエで何処か無いかな〜?」

 

彼もマンダウエだからセブとかマクタンには行けない。

 

「オフタナ聞いてみようか?」

 

お店の近く・・・

 

(あのホテルなら大丈夫だろう?)

 

近いからNIKKAに電話し聞いて来てもらう事にした。

 

すると・・・・

 

「オフタナ閉まっておりました」

 

「エエ?ホテルが閉まっている?」

 

彼に連絡すると・・・

 

「私も探したのですが何処のホテルもダメでコンドミニアムが有りました」

 

「コンドなら自炊も出来るから安心だね」

 

「それと”和”(のどか)と言うのが有ってこれはお店の近くですか?」

 

「シェアハウスですね〜歩いて1〜2分ですよ」

 

「じゃ〜そこにしようかな〜?」

 

「オーナーは日本人だし私の家も近いからその方が安心ですね」

 

(英語の学校へは行って居たがあまり上手ではない)

 

彼は青森県なのでゴルフが趣味なのに冬の間は寒いし雪が降りますから去年から留学と言う事でセブへ来ていました。

 

(去年仕事も引退致しました)

 

そこで私と知り合い一緒にゴルフを・・・・

 

 

 

 

去年の10月に2週間ぐらい来て・・・

 

「12月から3ヶ月住みます」

 

「また英語留学?」

 

「今度の学校はITパークに有り練習場も近いので勉強は二の次です」

 

「セブカンにも近いからイイですね〜」

 

と言って12月に来たが・・・・

 

「騙されました」

 

「どうしたの?」

 

「パンフレットはITパークの近くでしたが来たら橋の近くだったのです?」

 

「どう言う事?」

 

「学校が引っ越したそうです」

 

(彼の計画が無くなりました)

 

平日1〜2日学校をサボってゴルフへ行きクインズアイランドにも一緒に行きました。

 

 

 

 

「荷物が有るのですがここはタクシーも来ないのでどうやって移ろうかと・・・」

 

(マクタン島が封鎖で橋を渡れないからタクシーなど来ない)

 

「じゃ〜私が迎えに行きますよ」

 

土曜日迎えに行って来ます。

 

(また一人近所に住む事となりました)

 

 

 

 

 

 

セブでの30数年の経験を生かし、田舎の後輩が経営している東京のコンサル会社と提携して「フィリピン セブ ビジネス展開・長期滞在支援サービス」を始めました。

 1.現地進出事業に関する情報提供および現地での案内

   事業の可能性

   人材・設備・不動産等の調達・契約

サンプル販売の支援

2.現地滞在希望者への助言

3.その他もろもろ現地サポート

 

日本でのご相談は以下まで:

青山国際LLC http://igaap.jp/

公認会計士税理士 小池敏雄  cpa@igaap.jp  TEL:810364592374

 107-0061 東京都港区北青山1−4−1 ランジェ青山3

 

 

- | permalink | comments(0) | - | - | -

セブ島コロナ情報。

 

やっともらえた・・・・・・

 

 

(これとIDを持って行けば外出が出来ます)

 

やっぱり市や町やバランガイによって違いました。

 

(年齢が書いてありません)

 

”爺でも使える外出許可書”

 

と言っても店に行く時しか外出は致しませんが・・・・

 

(昨夜もテッちゃんと神田さんの3人で夜8時まで)

 

 

 

 

 

昨夜セブ市に住む友人から連絡があり・・・

 

「開いているの?」

 

「テイクアウトだけですが8時まで」

 

「行ってもイイかな〜?」

 

「セブからマンダウエに入れるの?」

 

「外出許可書もらったから」

 

「それだけじゃ〜ダメでしょう?」

 

「じゃ〜”薬を買いに行く”と言ったら?」

 

「薬局はセブ市にもたくさん有りますからね〜?」

 

「トライしてみます」

 

30分後連絡があった・・・・

 

「外出許可書を見せたのですがやっぱりダメでした」

 

(そんなに甘くは無い!)

 

 

 

 

 

昨日友人からメールが入り・・・・

 

”元VECOの社長だったデニス・ガルシアさんがコロナ感染で数日前に亡くなったそうです、セブカントリークラブやカジノエスパニョールによく行けれてた様なので行った方は感染に気を付けた方が良いですね”

 

(VECO=セブの電力会社)

 

カジノエスパニョールはギャンブルのカジノでは無く古くからあるスペインクラブでレストランや大きな会場などがあります。

 

”エエ?デニスさん亡くなったのですか?昔付き合いが有りましたが10年ぐらい会っておりません”

 

(志村けんさんと同じ70歳で同じコロナ感染)

 

”セブカンへ行って居ればキャディーさんやレストランのウェイトレスなんか感染しやすいんじゃないの?”

 

(そこから私も?)

 

その話を聞きゴルフでセブカンへ毎日行って居たSIT先生に連絡すると・・・・

 

「デニスさんは知っているけど最近見ないね〜ちょっとキャディーに聞いてみます」

 

その後連絡があり・・・・

 

「セブカンには数年来てないそうです」

 

(大きな方で太っていたからゴルフは止めたのかな?)

 

との話で安心いたしました。

 

”デニスさんのご冥福をお祈り致します”

 

(セブでもコロナ患者が出ているのですね〜)

 

セブ州を調べたら・・・・

 

(3月31日)

 

セブ市:感染者 20人 死者 4人

 

マンダウエ市:感染者 1人 死者 0人

 

ラプラプ市:感染者 2人 死者 0人

 

(ボホール・セブ島市外・ネグロスオリエンタル・シキホール)

 

セブ州合計:感染者 30人 回復者 1人 死者 4人

 

(セブ市が20人なので先に封鎖したのでしょう)

 

 

 

 

フィリピン全土:

 

(3月30日)

 

感染者:1546人

 

回復者:42人

 

死者:78人

 

となっておりました。

 

 

 

この人数で封鎖されました・・・・・

 

(日本は?)

 

アメリカのニューヨークもそうでしたが・・・・

 

「私は大丈夫だろう」

 

と市内を歩く人が多かったそうで最初は・・・・

 

”外出禁止”

 

だったのに外には歩いている人が多かったそうでその後・・・・

 

”感染爆発”

 

が起きたのです。

 

(ニューヨーク州は手遅れで感染者が6万人に)

 

今ニューヨーク州知事は・・・・

 

スーパーや流通などの市民生活に不可欠な事業を除く州内の労働者は自宅待機。

 

(4月15日まで)

 

 

 

 

上記の様にフィリピンの感染者は日本より少ないのに殆どの市を封鎖致しました。

 

(日本は2000人を超えました)

 

東京都は遅いのでは・・・・

 

ニューヨークと同じ様に感染爆発が起こらない事を祈ります。

 

(何とかしないと手遅れになりますよ!)

 

 

 

 

 

友人の教授から聞いた話。

 

彼の同僚の友人がウィーンでCOVID-19を研究しているその研究所からの情報によると・・・

 

市販されされている解熱剤イブプロフェン系のアドビル等を服用しましたが回復した方はイブプロフェン系を服用しませんでした。

 

意味が分からなく風邪薬を見ると・・・・

 

 

(これか〜?)

 

「症状がある場合アセトアミノフェンを服用して下さい!」

 

「この情報を各家庭の全員に伝えて下さい」

 

「誰かを失いたくないので出来るだけたくさんの方に教えて下さい」

 

ネットで見ると・・・・

 

https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20200315-00167830/

 

(本当だ!)

 

「健康な50代以下の方でも服用すると呼吸が困難になった人も居ます」

 

(風邪薬に使われているのにヤバイ薬なの?)

 

 

 

 

そして・・・・

 

「自分を守るためにいくつか」

 

1)たくさんの熱い液体を飲む。

 

(20分ごとに温水を飲むとウイルスは肺に到着する前に中和されます)

 

2)うがいをする、

 

(うがい薬より、酢、塩、レモン、薬は良い菌も殺してしまいます)

 

3)毎日シャワーと洗濯。

 

(家に戻ったが服を脱ぎシャワーに直行髪や服に付いた菌を石鹸や洗剤が殺します)

 

4)家も殺菌。

 

(9日間感染を続ける可能性があるため手すりやハンドルなど殺菌)

 

5)喫煙しないでください。

 

(ただこれだけで何も書いて無かった)

 

6)手洗い。

 

(泡立つ石鹸で20分ごとに20秒)

 

7)果物と野菜を食べる。

 

上記の事を守れば新型コロナウイルスに掛からずに済みます。

 

(神経質じゃないから忘れてしまい中々出来ない?)

 

 

 

 

 

セブでの30数年の経験を生かし、田舎の後輩が経営している東京のコンサル会社と提携して「フィリピン セブ ビジネス展開・長期滞在支援サービス」を始めました。

 1.現地進出事業に関する情報提供および現地での案内

   事業の可能性

   人材・設備・不動産等の調達・契約

サンプル販売の支援

2.現地滞在希望者への助言

3.その他もろもろ現地サポート

 

日本でのご相談は以下まで:

青山国際LLC http://igaap.jp/

公認会計士税理士 小池敏雄  cpa@igaap.jp  TEL:810364592374

 107-0061 東京都港区北青山1−4−1 ランジェ青山3

 

 

 

 

 

 

 

 

- | permalink | comments(0) | - | - | -

外出許可書も意味が無い?

 

昨日のニュースには驚いた・・・・

 

”志村けんさんお亡くなりになりました”

 

新型コロナウイルスに感染し、入院して治療を受けていたコメディアンの志村けんさんが29日夜、新型コロナウイルスによる肺炎のため東京都内の病院で亡くなりました。70歳でした。

 

(うそ〜〜〜〜)

 

この新型コロナウイルスは恐ろしい・・・・

 

”志村けんさんのご冥福をお祈り致します”

 

(コロナの怖さを身近に感じました)

 

皆様、人が集まる所には行かない様にして下さい。

 

(何処でコロナが待ち構えて居るのか分かりません!)

 

 

 

 

 

昨日のマンダウエ市も静かでした・・・・

 

(ゴーストタウン?)

 

開いている所:

 

”病院・薬局・スーパーマーケット・市場・銀行・質屋・ガソリンスタンド・テイクアウトやデリバリーのお店・等など”

 

(お酒やビールは売っておりません)

 

なのに・・・・

 

「何で酔っ払っているんだ?お酒を飲んではいけないんだろう?」

 

(フィリピン人が酔っ払っていた?)

 

「裏のお店でタンドアイを買いました」

 

(フィリピンのラム酒)

 

「売っているのか?」

 

「この辺ではそこだけです買って来ましょうか?」

 

「そんな飲マネ〜よ!」

 

「じゃ〜僕の分買って下さい」

 

酔っ払いでめんどくさいから家に戻った。

 

 

 

 

タンドアイと言えば私の友人・・・

 

「アイツら足もと見やがって〜」

 

「どうしたの?」

 

「酒を買ってはいけなくなり裏で売っていると言うから買ったら値を上げて来たのです」

 

 

「エエ!こんなに買ったの〜?」

 

「当分飲めるよ〜でも無くなったらまた買いますが次回は幾らになっているか?」

 

(彼は郊外に住んでおりますので裏で買える様です?)

 

このタンドアイは・・・・

 

通常375ml=60ペソ

 

(小さい瓶)

 

現在=120ペソ

 

(倍だ〜〜〜?)

 

大瓶も750ml=180ペソが360ペソで売っているそうです。

 

(恐ろしきフィリピン人?)

 

ヤミで買いヤミで売るのだから仕方ないのかな・・・

 

(酒の飲めないイスラムの国へ行った気分です)

 

 

 

 

「ID届きました〜〜」

 

「いいな〜私にはまだ届いてません」

 

(外出できる許可書)

 

 

(名前が無いので写真を使わせて頂きます)

 

各バランガイで発行している外出許可書。

 

ビサイヤで良く分からないが・・・・

 

”これを持って外に出るのを許可するのは、食べ物を買いに出たり・薬・OOOOOだけ”

 

(OOOOOO=長くて分からない?)

 

”これを持って居ても外出がダメなのは、21歳以下と65歳以上”

 

(意味ないじゃん!)

 

各バランガイによっては違うと思いますが近所のフィリピン人が持って居た許可書には”65歳以上”とは書いて無かった様な気がします。

 

(年寄りには意味が無い許可書?)

 

 

 

 

「今バランガイの人が外で外出許可書を持って外で待って居るそうです」

 

(ヤバイ!今お店だ?)

 

「誰かに行かすよ」

 

私のIDを持たせ直ぐに行かすと帰って来た・・・

 

「どうした?」

 

「ビルのオーナーに全部渡したそうです」

 

(明日届くのかな〜?)

 

今日届くと思いますが私もやっと外出許可書をもらえます。

 

(爺さんには意味が無いのかな〜?)

 

テッちゃんも昨夜・・・・

 

「コンドミニアムの名前ですが外出許可書もらいました」

 

彼のところは個人名では無いがフロントで名前を書くと許可書を出してくれる様です。

 

(お店はテッちゃんと神田さんだけで後はテイクアウト)

 

 

 

 

 

昨日KBOちゃんから連絡があり・・・・

 

「外出許可書が届いたので橋へ行って渡れるか試してみます」

 

(彼はマクタン島在住)

 

「大丈夫なの?」

 

「後で報告致します」

 

その後連絡が有った・・・・

 

「大丈夫でした〜」

 

(そんなバカな〜〜封鎖は〜〜?)

 

「どうやったら検問を出られ橋を渡れるの〜?」

 

(空港も閉まっているので橋は封鎖)

 

彼は検問へ行くと軍人が止めたので外出許可書を出すと・・・・

 

「何処へ行きますか?」

 

「マンダウエの友人のところへ行き直ぐに戻ります」

 

免許証も見せると・・・

 

「OK」

 

と渡らせてくれたそうです。

 

マクタン島を出る時は新大橋で帰りは古い橋を使った・・・・

 

「何処へ行くの?」

 

外出許可書と免許証を出すと・・・・

 

「OK」

 

と戻れた様です。

 

「マンダウエに無い買い物でも出来ますので何かあったら連絡下さい」

 

(許可書とIDが有ればそんなには厳しく無いのかな〜?)

 

KBOちゃんその時はお願い致します。

 

 

 

 

最近はコロナのブログばかりです。

 

(何か楽しい事無いのかな〜〜?)

 

ゴルフも行きたいし皆で海にも行きたいし・・・・

 

 

 

 

セブでの30数年の経験を生かし、田舎の後輩が経営している東京のコンサル会社と提携して「フィリピン セブ ビジネス展開・長期滞在支援サービス」を始めました。

 1.現地進出事業に関する情報提供および現地での案内

   事業の可能性

   人材・設備・不動産等の調達・契約

サンプル販売の支援

2.現地滞在希望者への助言

3.その他もろもろ現地サポート

 

日本でのご相談は以下まで:

青山国際LLC http://igaap.jp/

公認会計士税理士 小池敏雄  cpa@igaap.jp  TEL:810364592374

 107-0061 東京都港区北青山1−4−1 ランジェ青山3

 

 

 

 

 

- | permalink | comments(1) | - | - | -

会えなくなるKENさん。

毎日ヒマで早く寝るので今朝も6時に起きました。

 

(今日は何しよう?)

 

今日からマンダウエ市も・・・・

 

”LOCKDOWN"

 

(マンダウエ市を封鎖され出る事が出来ません)

 

 

(赤い線で囲まれたところがマンダウエ市)

 

タランバンはセブ市でSMがあるコンソラッションは町なのかな。

 

(マンダウエ市だと思っておりました)

 

そして昨日もヒマだったので私の家に洗濯に来たMANAB~君に・・・・

 

(洗濯屋も休んでいるそうです?)

 

「終わったら出掛けよう」

 

(マクタン島を封鎖したので橋がどうなっているのか見たかった)

 

そして2時半ごろ出掛けました・・・・

 

 

(前に見えるのが東横イン)

 

フィリピンなのに人も車も少ない・・・・

 

 

(ハイウェイも歩いている人は居ない)

 

この辺はジープニーを待つ人がたくさん居る場所。

 

そしてオールドブリッジへ・・・・

 

 

(マクタンへ行く車は少しあったがマンダウエに来る車は無かった)

 

この左側に検問を作っていた・・・・

 

(UC大学の前だが人は居なかった)

 

 

(左のビルはマーヨ病院とホテル右に曲がるとニューブリッジ)

 

「どうしますか?」

 

「真っ直ぐ行こう」

 

真っ直ぐ行くと橋が有り超えるとコンソラション・・・・

 

「ここに検問だ〜」

 

 

(橋を越えたところに検問)

 

「今何時だ?」

 

「まだ3時です」

 

「じゃ〜このままリロアンへ行こうか?」

 

「KENさんのところですか?」

 

「今度いつ会えるか分からないから顔を見に行こう」

 

「僕行った事が無いので道教えて下さい」

 

「この道真っ直ぐ行けばリロアンだよ」

 

「今居るんですか?」

 

「お爺さんは出られないから居るだろう?」

 

(爺は外出禁止?アッ私もだ!)

 

「電話してみるよ」

 

そしてKENさんに電話・・・・

 

中々出ない・・・・

 

「あっ!もしもし・・聞こえますか〜?」

 

「電波が悪いな〜」

 

「電波悪いのはKENさんの家でしょう?」

 

「アッ!聞こえた」

 

「元気したんすか?」

 

「毎日ヒマで嫌になっちゃうよ〜」

 

「私も同じです!運動はしてますか?」

 

「ゴルフ場が閉まって居るから運動も出来ないよ〜」

 

「ダメですよ〜運動しなきゃ老けちゃいますから〜」

 

「今日は部屋から波際まで3回歩いたよ」

 

「たった3回ですか?」

 

(約40メーター)

 

そんな話をして・・・・

 

「明日からマンダウエ市も封鎖となりますので当分会えないかと思い電話させて頂きました」

 

(ここからがドラマ)

 

「当分会えませんがお元気で居て下さいね?ゴルフが出来る様になったらリロアンへ行かせて頂きます」

 

「NAOちゃんも元気でな」

 

「有り難う御座います」

 

と切った。

 

「もう直ぐですか?」

 

「その橋を渡ったら教会があるから」

 

約5分後・・・・

 

「KENさ〜〜ん、KENさ〜〜ん」

 

 

ジョビーが出て来たので、

 

「波際に居るから呼んで来て」

 

 

(初めて来たMANAB~君を連れて波際へ)

 

 

「ここは最高ですね〜」

 

 

(海も綺麗で天気も最高)

 

「ここは涼しいですね〜」

 

待って居るとKENさんが来て・・・・

 

「お前ら何だよ〜来るなら来るって言えばイイじゃないか〜」

 

「やっぱり電話だけでは失礼かと思いまして当分会えないので来ちゃいました」

 

 

(MANAB~君は初リロアン波際)

 

貴重なビールを頂きKENさん節で笑わせて頂き帰って来ました。

 

(フィリピンは真夏なのにいつになったらゴルフが出来るのでしょう?)

 

”KENさんお元気で〜〜〜”

 

帰り・・・・

 

「こんな所に検問があるよ?」

 

リロアンとコンソラションの境に検問がありました。

 

(ここも封鎖?)

 

 

(リロアン)

 

 

(コンソラション)

 

ここが封鎖したら狭い町になってしまいます。

 

 

 

 

 

日本のテレビで・・・・

 

「OOOで感染者が出ました」

 

「東京でOO人の感染者が出ました」

 

こんなニュースを見て居たら・・・

 

(全員感染しちゃうんじゃないの?)

 

私も感染しちゃいそうな気持になってしまいます・・・・

 

(明るいニュースは無いの?)

 

 

 

 

 

「エエ?雪ですか〜?」

 

立川のJUNさんから送られて来た写真・・・・

 

 

(この時期東京に雪?)

 

”東京で見る雪はこれが最~後ねと〜♪”

 

イルカの歌を思い出しました。

 

(JUNさん写真有り難う御座いました)

 

 

 

今夜はテイクアウトも閉めました。

 

(何が有るか分からないから様子を見ます)

 

 

 

”さ〜て今日は何をしようかな〜〜???”

 

 

 

 

 

セブでの30数年の経験を生かし、田舎の後輩が経営している東京のコンサル会社と提携して「フィリピン セブ ビジネス展開・長期滞在支援サービス」を始めました。

 1.現地進出事業に関する情報提供および現地での案内

   事業の可能性

   人材・設備・不動産等の調達・契約

サンプル販売の支援

2.現地滞在希望者への助言

3.その他もろもろ現地サポート

 

日本でのご相談は以下まで:

青山国際LLC http://igaap.jp/

公認会計士税理士 小池敏雄  cpa@igaap.jp  TEL:810364592374

 107-0061 東京都港区北青山1−4−1 ランジェ青山3

- | permalink | comments(0) | - | - | -

意味が分からない検問?

セブ市は昨日ラプラプ市は今朝から・・・・・

 

”LOCKDOWN"

 

となりました。

 

そしてマンダウエ市は今晩12時01分からです。

 

(私はマンダウエ市以外には行けません?)

 

そして・・・・・

 

”外出禁止”

 

バランガイで出すIDが無いと外出は出来ません。

 

 

(バランガイによって色や形が違いますがECQパスと言うらしいです)

 

 

 

 

 

昨日の午前中にツッチー君が来て・・・・

 

「DOMEさんの薬なのですが預かって頂けますか」

 

「私もパスポートを持って居るから一緒に預かりましょう」

 

「12時まではセブとマンダウエを出入り出来ますから誰か居れば渡せますがね〜?」

 

(DOMEさんとYSIさんは何故か出られない?)

 

「同じコンドのOOOちゃん車持って居るからDOMEさんに聞いてみたら」

 

電話すると・・・・

 

「じゃ〜頼んでみるよ」

 

その後連絡があり・・・

 

「行ってくれるって」

 

「それじゃ〜家で待っております」

 

(11時だったので1時間あり十分に間に合います)

 

そして11時半、

 

「遅いよね〜?」

 

「もう直ぐ来るでしょう?」

 

そして11時45分、

 

「もうヤバイね〜間に合わないかも?」

 

電話すると・・・

 

「おかしいな〜行ったはずなんだけど〜?”あれ?”車有るよ?後で電話する!」

 

と切れた・・・・

 

ツッチー君が、

 

「もうダメですね僕帰ります」

 

「そうだな?」

 

(言葉が通じなかったのかな〜?)

 

ツッチー君が帰って10分ぐらいしたらDOMEさんから電話、

 

「ちょっと代わるから聞いてみてよ」

 

車を持って居る本人と代わった・・・・

 

「行って渡して来ました」

 

「エエ?誰に?」

 

「お店の隣の三河屋が開いて居たのでレジの子に渡しました」

 

(渡したと言うのはツッチー君が立て替えたお金)

 

「家に来なきゃダメでしょう?」

 

(薬とパスポートを取りに来なきゃ意味が無い?)

 

「お金を渡して来てと言われただけです」

 

(やっぱ通じてない?)

 

直ぐにツッチー君に電話・・・

 

「何処に居るの?」

 

「町屋マートの近くですもう検問が出ていてセブ側からは車が入って来ておりません」

 

 

「マンダウエ側からの車はタランバン方面に右折させられておりますから大渋滞です」

 

 

(お前ら12時に閉まる情報知らないの?)

 

フィリピン人はあまりニュース等を見ないのか分かりませんが在住の日本人の方がいろいろと調べ情報を流して頂いて居るから知っております。

 

「そんな話だから三河屋へ行ってお金を受け取って下さい」

 

「薬とバスポートが大事なのに通じて無いじゃん?」

 

(もうセブには行けないからどうするの薬?)

 

 

 

 

 

セブ市の閉鎖前・・・・・

 

バスターミナルには田舎へ帰る人が集まった。

 

(閉鎖されたら出られないし仕事も無い!お金も掛かる!)

 

 

(コロナで人と人が集まってはいけないし1メートル以上の間隔を空けなくてはいけないのにこれは無いだろう?)

 

この日乗れない人も多く翌日となった・・・

 

(だから27日の閉鎖が28日のお昼まで伸びたのか?)

 

フィリピン人は、

 

「コロナに感染したくない」

 

と言いながらこれですから・・・・・

 

(感染者が居たらどうするの〜?)

 

テレビでも・・・

 

”生放送”

 

と書いてありスタジオは満席・・・・

 

(政府が言って居る事とやって居る事が違うのでは?)

 

 

 

 

 

 

そして夜・・・・・

 

「開いてる?」

 

「テイクアウトだけなら?」

 

(たぶんテイクアウトも今日まで)

 

「じゃ〜行くね」

 

「行くねじゃないでしょう?セブ市からマンダウエ市には入れないんだよ?」

 

「入って来ちゃった?もう近くに居るよ?」

 

(そんなバカな〜〜〜)

 

「直ぐ帰りなさいもし帰れなくなったらどうするんだ?」

 

「マンダウエに入るのに何も言われなかったよ?でもセブ方面は渋滞し何か聞かれていたけど?」

 

そのまま家に帰した。

 

約1時間後に電話をしたら・・・・

 

「今家に着きました」

 

「良かった〜検問は?」

 

検問で止められ免許証を出し、

 

「何処へ行きますか?」

 

「家に帰るところです」

 

と言うとセブ市に入れたそうです。

 

「そんな簡単には入れたの?」

 

「他には何も聞かれなかったよ」

 

(どうして?)

 

もしかしたら・・・・

 

マンダウエ市はまだ閉鎖されて居ないから仕事や買い物などで出入りが厳しく無いかもしれません。

 

(閉鎖されたらそうはいかないかも?)

 

細かい情報が入らないから意味が分かりません。

 

 

 

 

 

昨夜はテイクアウトが終わった9時過ぎから5人で家飲み・・・

 

(みんな大酔っ払い)

 

ヤル事が無いし外ではお酒が飲めないから楽しくなく飲むと皆さん嬉しそうな顔で話もはずみました。

 

(何を話したかの記憶は無い?)

 

こんな状態いつまで続くのでしょう・・・・・

 

(早くお店を開けたいです!)

 

 

 

 

セブでの30数年の経験を生かし、田舎の後輩が経営している東京のコンサル会社と提携して「フィリピン セブ ビジネス展開・長期滞在支援サービス」を始めました。

 1.現地進出事業に関する情報提供および現地での案内

   事業の可能性

   人材・設備・不動産等の調達・契約

サンプル販売の支援

2.現地滞在希望者への助言

3.その他もろもろ現地サポート

 

日本でのご相談は以下まで:

青山国際LLC http://igaap.jp/

公認会計士税理士 小池敏雄  cpa@igaap.jp  TEL:810364592374

 107-0061 東京都港区北青山1−4−1 ランジェ青山3

 

 

 

 

 

 

- | permalink | comments(0) | - | - | -
居酒屋 神楽 公式サイト kagura.logo NAOKI物語 第1話〜10話


ブログランキング・にほんブログ村へ