Naoki の居酒屋日記

フィリピン・セブ島在住20年の Naoki が綴る居酒屋日記
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< こうなりゃ食うため作戦。 | main | 和風バーベキュー。 >>

土曜の牛。

 

一昨日マクタン島KENダイブのMASA君から連絡があり。

 

「明日の昼間”味噌”を買いに行く予定ですが三河屋さんは開いてますか?」

 

三河屋へ行き聞いたら・・・・

 

「月曜日はお休み」

 

との事を伝え私が買って置き取りに来て頂く事にしました。

 

そして昨日のお昼に待ち合わせ・・・・

 

「元気でしたか?」

 

「いや〜もう大変ですよ〜」

 

彼には日本人の奥さんと一緒に住んでおります。

 

(二人ともロックダウンで仕事が無い)

 

「久々だから一杯飲みなよ〜」

 

と二人で飲み始めた・・・・

 

「ちゃんとご飯食べて居るのか?」

 

「野菜中心で妻は一食で僕は二食です」

 

「お腹空かないの?」

 

「もう慣れました」

 

(みなさん苦労しております)

 

「先日久々に肉を買い食べたら翌日二人ともお腹をこわしました」

 

「久々に美味しい物を食べたからお腹がビックリしたんじゃないの?」

 

彼が言うにはマクタン島は外出が許可書の番号の下1桁と決まっていてその曜日で無いと出られなく・・・

 

「オートバイのナンバーも同じで1日置きの買い物に出るだけで殆ど家におります」

 

(マンダウエ市より厳しい?)

 

そんな話を聞きながら”久々”と言う肉を食べさせ飲み帰りました。

 

(マクタン島の人達も大変です)

 

マクタン島と言えば友人がFacebookで・・・・

 

「このままでは生活が出来ないので8月日本へ帰ります」

 

(彼にはフィリピン人の奥さんと子供も居ます)

 

彼も観光業界で働いて居るので4月から給料も無く”2〜3ヶ月”と思って居たが”まさかの5ヶ月突入”となり家族を残し日本で働くそうです。

 

(長い間働いて来たセブそして家族と離れ離れになるのは悲しいです)

 

コロナが無ければ・・・・

 

(本当にヒドイ!コロナです)

 

私も若ければ”日本で働く”事も出来るかもしれませんがもう爺さんなので無理・・・・

 

(何が有ってもセブで生き残らなきゃ!)

 

 

 

 

 

昨日のお昼は家でゴロゴロしている二人連れて外売りしましたが・・・・

 

「お前等~携帯で遊んでいるんじゃ無いよ〜」

 

外の椅子に寝そべり携帯電話をいじっていた・・・・

 

(数個は売れたが買ったのは殆どMANAB~君)

 

フィリピン人の為に始めましたが何故か日本人が買ってくれます。

 

「60ペソでこれなら毎日食べてもいいな〜」

 

(有り難いが・・・・・)

 

 

(パンを揚げた20ペソのも日本人に人気)

 

 

こちらは新商品・・・・

 

(ソーセージにパンを巻き切って串に刺し揚げた物)

 

今日は雨なので昼間は休み・・・・

 

(あの二人は使えない?)

 

昨夜から始めたバーベキューはフィリピン人が買ってくれました。

 

(今日から売る物もフィリピン人の好みに合わせます)

 

儲けは少ないが少しでも家賃の足しに・・・・

 

(1串売って儲けが3〜5ペソかな?)

 

 

 

 

昨夜KOTA君が・・・・

 

「これMIYAちゃんからです」

 

(日本食レストラン”集”のMIYAちゃん)

 

MANAB~君も来てくれ神田さんと4人で・・・・

 

 

「刺身だ〜〜〜〜」

 

(久々のマグロ刺身)

 

「美味いね〜〜〜」

 

MIYAちゃんはセブ市なので最近お会い出来ませんが有り難う御座いました。

 

(何か月ぶりだろう?)

 

この3人で良く話すのは・・・・

 

「日本でみんなに会って一緒に飲めたらイイよね〜」

 

(皆さん来られないからこちらから行く?)

 

「今行ってもいいけど帰って来られないから来年かな?」

 

時々日本の友人達に電話して声を聞いております。

 

 

 

 

 

今日は土用の丑・・・・

 

(うなぎ食べたいね〜〜〜〜)

 

うなぎは高いから中々食べられません。

 

(今は我慢!)

 

だから・・・・

 

”土曜の牛”

 

土曜日にハングアウトでハンバーグステーキかな・・・・

 

ランチメニュー:

 

(アンガスハンバーグステーキ=380ペソ)

 

 

 

 

 

 

昨夜OKTさんから電話が入った・・・・

 

「さきめしにご協力頂き有り難う御座いました」

 

「神田さんやMANAB~さんもお元気ですか?」

 

息子のYUSEI君が留学していて送って来た時と迎えに来た時に何度も飲みました。

 

(留学中だったYUSEI君も我々の仲間と海へ)

 

そのYUSEI君が今お父さんの会社で働いている事やお母さんが”またセブに行きたい”等と言って居る事やらで私もヒマなので外の椅子に座り飲みながらの長い話となった。

 

(外は涼しいので酒もすすむ?)

 

彼は前向きな方で30年も会社を経営して居るから話が楽しいし勉強になります。

 

盛り上がった頃・・・・

 

「YUSEIも”さきめし”に参加したいと言って居るんだ」

 

「勘弁してくださいよ〜お父さんには申し訳ないけど給料もそこそこもらって居ない子供からはもらえませんよ〜」

 

「お世話になった”NAOKIさんが困っているなら”と自分から言い出したんだ」

 

「確かに先が見えない状態ですが子供からは・・・」

 

するとYUSEI君に代わった・・・

 

「元気でか〜お父さんのところで頑張って居るんだってな〜気持ちは嬉しいが君からは貰えないよ〜本当に有り難う」

 

「お世話になったので少しでも・・・」

 

「本当に有り難う若いからお前だって遊びたいし付き合いもあるだろう?給料少ないのだから気持ちだけ頂きます」

 

こんな子供にまで心配かけた自分が情けなくなり涙が・・・・・

 

お父さんと代わり、

 

「YUSEIが自部から言い出した事で初めての経験ですし”さきめし”ですから行った時には美味しい物たくさん食べさせて頂きますから」

 

YUSEI君の気持ちや”さきめし”と言ってくれたお父さんの気持ちも考え・・・・

 

「分りました有り難う御座います」

 

「それではKOJIさんに迷惑を掛けられないのでこちらの方法で送らせて頂きます」

 

と有り難い話を頂きました。

 

(良い人たちに恵まれ私は幸せ者です)

 

OKTさん有り難う御座いました。

 

(ご家族とお会いできる日を楽しみにお待ちしております)

 

 

 

 

 

”さきめし”に参加して頂いた皆様有り難う御座いました。

 

(今回はこれで閉めさせて頂きます)

 

アイデアを頂いた市ちゃんと送金等を引き受けて頂いたKOJIさんには本当に感謝です。

 

驚いたのは私とは会った事も無い方からの参加・・・・

 

「友人がマクタン島に居ますからロックダウンが開けお店に行った時に食べさせて上げて下さい」

 

と書いてありました。

 

(こんな事って有るんだ?)

 

 

 

 

そして皆様に、

 

”感謝、感謝、感謝、感謝、・・・・”

 

(書き切れないぐらいの”感謝”です)

 

ご協力有り難う御座いました。

 

 

 

 

 

 

セブでの30数年の経験を生かし、田舎の後輩が経営している東京のコンサル会社と提携して「フィリピン セブ ビジネス展開・長期滞在支援サービス」を始めました。

 1.現地進出事業に関する情報提供および現地での案内

   事業の可能性

   人材・設備・不動産等の調達・契約

サンプル販売の支援

2.現地滞在希望者への助言

3.その他もろもろ現地サポート

 

日本でのご相談は以下まで:

青山国際LLC http://igaap.jp/

公認会計士税理士 小池敏雄  cpa@igaap.jp  TEL:81―03―64592374

 107-0061 東京都港区北青山1−4−1 ランジェ青山3

 

 

 

 

- | permalink | comments(2) | - | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

naokiさん、おはようございます。
本来であれば、本日にお会いできたはずなのに・・・トホホです。
いつになったら渡比できるのでしょうか?
take | 2020/07/22 8:31 AM
エエ〜〜そうだったの〜〜?

会いたかった〜〜〜。

(TAKEちゃんコロナが開けたら会いましょう)
naoki | 2020/07/22 10:55 AM
コメントする









居酒屋 神楽 公式サイト kagura.logo NAOKI物語 第1話〜10話


ブログランキング・にほんブログ村へ