Naoki の居酒屋日記

フィリピン・セブ島在住20年の Naoki が綴る居酒屋日記
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 外出許可が無効? | main | 強い名前の蚊取線香。 >>

高い米。

 

セブ市は一昨日の午後10時より外出許可書がいきなり使えなくなり・・・・

 

(使えなくなると発表されたのは2時間前の8時頃?)

 

 

(この許可書は一昨日の午後10時から使えなくなった)

 

そして噂は・・・・・

 

「ドゥテルテ大統領がセブに来ている」

 

とか、

 

「マニラから感染者が多過ぎるセブ市に”これ以上増やさない様に”と言って来た」

 

いろんな情報が入っておりますが急な市長からの発表でした。

 

(2時間前は無いでしょう?)

 

お陰でマンダウエ市もスーパーには朝から行列・・・・

 

(いつマンダウエ市も?)

 

と思った人達が食料の買い溜め・・・・・

 

(新しい許可書が来るまで住んで居る地域しか出られなくなる)

 

そして今朝の新聞では・・・・・

 

 

(クラスターを防ぐためにバランガイごとをロックダウン)

 

バランガイから出られない為スーパーへも行けず近所のストアーに食料を求め集まった。

 

感染者が多いベスト10のバランガイには軍隊も入り外出をチェック・・・・

 

「買い物に行く」

 

と言うとついて来たそうです。

 

車で出た方に聞くと・・・・

 

「渋滞はして警備は増えた居たが厳しくは無かった」

 

(検問より感染者が多いバランガイ?)

 

こんな状態で昨日から始まりましたが・・・・

 

「26日からもっと厳しくなるそうです」

 

との情報も・・・・

 

(明日から?)

 

今頃あせって居るセブ市です。

 

「住宅が密集している貧民街の人達はマスクもしてないし裏では子供だって遊びまわっている」

 

との事でした。

 

昨夜お店の外へ出ると隣で野菜を売っていてその隣でバーベキューのお店が出ていてその隣では10人程の子供たちが走り回っておりました。

 

(お店の裏は住宅が密集する貧民街でNIKKAちゃんもここに住んでおります)

 

マンダウエ市でも親の注意も無く裏で子供が遊びまわっておりました。

 

(これではマンダウエ市もバランガイロックダウンかな〜?)

 

 

 

 

それに比べKENさんが住むリロアンでは・・・・

 

「町長が早期の門限」

 

”リロアンでは午後8時から午前5時まで外出禁止”

 

KENさんから・・・・

 

「リロアンは厳しい!」

 

とは聞いていたが素晴らしい町長です。

 

(リロアン町長?可愛いじゃない〜〜)

 

 

(こんな人の言う事なら直ぐにでも聞きます)

 

KENさんも可愛い町長さんのところに住み幸せですね。

 

(何が”しあわせ”かは?分かりませんが?)

 

 

 

 

昨日、

 

「あれが無いこれが無い」

 

と言うので紙に書かせた。

 

(私の買い物も入れて2000ペソも有れば足りるな?)

 

カボチャとかジャガイモもあり重そうなので・・・・

 

「誰か1人一緒に行こう」

 

(荷物持ち)

 

「外出許可書が有りません」

 

「ルスタンスなら無くても大丈夫だよ」

 

(いつも見られた事は無い)

 

「何これ?」

 

 

いつも空いているルスタンスに列が・・・・・

 

(ここもセブ市の影響で買い溜め客か?)

 

仕方ない並び10分程で入れた・・・・・

 

「この紙に書いてある物はお前が買え私は自分の物を買うから」

 

と別れ野菜やハムで約500ペソぐらい籠に入れレジも並んでいたので待って居ると・・・・

 

「まだ全部買ってません」

 

「私が並んでいるから足りない物を取って来い」

 

カートを見ると下に5キロの米が・・・・

 

(あれ〜米なんか書いて無かったな〜?)

 

戻って来たので・・・・

 

「どうして米が有るんだ?書いて無かっただろう?」

 

「さっき見たらもう無かったので」

 

「ちょっと待てよ〜2000ペソしか持って来なかったから追加の米は買えないよ〜」

 

「お米が無いと・・・・」

 

(フィリピン人何が無くても米)

 

「分かった!今日いらない他の物を出せ」

 

(バーコードだけで値段が貼って無いから金額が分からない?)

 

何個か出し横の棚に・・・・

 

「戻して来いよ〜」

 

(いらない物は勝手に棚へのフィリピン人)

 

「大丈夫です」

 

(他の客やスーパーの事を考えないフィリピン人?)

 

ドキドキしながらレジへ・・・・

 

(レジを見て居てもトータル金額が出ない?)

 

「2150ペソです」

 

(ヤバイ150ペソ足りない?)

 

「すみません現金が2000ペソしか無いので150ペソ減らして頂いても良いですか?」

 

(恥ずかしい〜〜〜)

 

「カードでも大丈夫ですよ」

 

(カード持って居たら先に出すよ〜)

 

「すみません現金で」

 

「それではこの品とこの品を引かせて頂きますと1950ペソです」

 

レジの子も後ろの客も・・・・

 

”金が無いなら買いに来るな〜”

 

と思って居るだろうな・・・・

 

米のお陰で恥をかいて帰って来ました。

 

(米を買うなら1000ペソ余分に持って行くのに〜〜)

 

それにしても高いと思いレシートを見ると・・・・・

 

(5キロで400ペソ〜〜?1キロ80ペソ?)

 

他のスーパーより少しは高いルスタンスだけど・・・・

 

(そんなに高い米買ったのか〜〜?)

 

普通の米は1キロ50ペソぐらい・・・・

 

(1キロ50ペソなら5キロ250ペソで足りて恥をかかなくて済んだ?)

 

もうこのバカ共と買い物には行きません。

 

(次回は自分で安い米買って来よう!)

 

 

 

そこで去年市場の近くへスタッフ用の米を買いに行った事を思い出した・・・・

 

(確か1サック50キロで2000ペソぐらいだった?)

 

”1キロ40ペソ”

 

だよね〜〜〜〜〜。

 

(仕事も無いのに人の金で高い米食ってんじゃね〜よ〜)

 

 

 

 

セブでの30数年の経験を生かし、田舎の後輩が経営している東京のコンサル会社と提携して「フィリピン セブ ビジネス展開・長期滞在支援サービス」を始めました。

 1.現地進出事業に関する情報提供および現地での案内

   事業の可能性

   人材・設備・不動産等の調達・契約

サンプル販売の支援

2.現地滞在希望者への助言

3.その他もろもろ現地サポート

 

日本でのご相談は以下まで:

青山国際LLC http://igaap.jp/

公認会計士税理士 小池敏雄  cpa@igaap.jp  TEL:810364592374

 107-0061 東京都港区北青山1−4−1 ランジェ青山3

 

- | permalink | comments(2) | - | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

面倒見すぎじゃありませんか、何のために養っているんだか、店で使うにしてもずっと先、いざとなったら知らんぷりなんてことにならないといいですけど。求人なんていつでもできるんでしょう。ご苦労様です。親戚の娘さんじゃないですよね。
赤胴鈴之助 | 2020/06/26 12:49 AM
赤胴さん、その親戚なのです。

(困ったもんだよ〜〜〜)

奴らのお陰でこっちまでフィリピン米を食べないと生きて行けません。

(早く日本から飛行機を・・・・)
naoki | 2020/06/26 1:14 PM
コメントする









居酒屋 神楽 公式サイト kagura.logo NAOKI物語 第1話〜10話


ブログランキング・にほんブログ村へ