Naoki の居酒屋日記

フィリピン・セブ島在住20年の Naoki が綴る居酒屋日記
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< もう夏も終わりかな? | main | 政府の話の意味が??? >>

胃薬。

 

”いいな〜ダバオ!”

 

現在ミンダナオ島のダバオ市に居るマリルーからの連絡で・・・・

 

 

(持ち上げられる?)

 

ダバオ市は5月16日よりロックダウンを解除し通常の状態となります。

 

(多少の規制はあると思います)

 

イイよね〜〜〜。

 

(早くマンダウエ市も解除とならないかな〜)

 

と言ってもマリルーはロックダウンが続いているセブには帰って来られません。

 

 

 

 

昨日は食料が無いので一昨日帰って来たネコちゃんに・・・

 

「買い物に行くから足りない物を書きなさい」

 

”洗剤、シャンプー、卵、コーヒー、お菓子、・・・”

 

(野菜などは無く・・・お菓子)

 

「他のは無いのか?」

 

「あッ!モリアティック」

 

(トイレなどを綺麗にする劇薬)

 

「こんなに買うんじゃ重いから二人で行こう」

 

とルスタンスへ・・・・・

 

「お前は紙に書いた物を探しなさい」

 

二手に分かれ私は野菜の方へ・・・・

 

野菜を買い肉売り場へ・・・

 

「これは牛肉のミンチですか?」

 

(ハンバーグを作ろう!)

 

「250グラムください」

 

ひき肉を買いパン粉も買いました。

 

「紙に書いた物は全部買ったのか?」

 

袋を持って行ったので重くない方の袋を持たせ帰りました。

 

(これが劇薬のモリアテック)

 

 

ネコちゃんは早速2階のトイレの掃除に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

午後から私はクッキング・・・・・

 

(今日はハンバーグステーキ定食かな?)

 

玉ねぎを細かく刻み飴色になるまで弱火で長く炒めた。

 

(昔は炒めず肉と混ぜたがネットを見たら書いてあった?)

 

そして肉と調味料を混ぜ4つに分けキャッチボールの様に右手から左手に投げた。

 

(昔教えてもらったやり方)

 

焼く前に冷凍庫に入れてあるご飯を探すと・・・・

 

(あれ?1パックしかない?ネコが食べたか〜?)

 

ご飯が無ければ定食が出来ない・・・・

 

(ご飯を炊くのに時間が掛かるから〜スパゲティーにするか?)

 

スパゲティーを茹でハンバーグを焼いて居る時に電話が・・・

 

「胃が痛いんだけど薬が欲しいんだ?」

 

「有りますよ〜」

 

「そっちまで取りに行けないからフィリピンの薬を教えて欲しいんだ」

 

「それなら”クリメールS”とか言う薬が効きますよ」

 

「それこのオバちゃんに説明してくれる?」

 

電話はASNさん代わったのは週2〜3回来るメイドさん。

 

「クリメールSと言うんだけど分かるか?」

 

「分らん」

 

「じゃ〜テックスするから」

 

と切ってネットで探したがスペルが分からない・・・・

 

(あッ!ハンバーグ)

 

弱火で焼いていたハンバーグをひっくり返し・・・・

 

(こんなに膨らんだ〜〜)

 

幅はちじんだが倍に膨らんだ・・・・

 

(あッ!薬だ?)

 

クリメールだから”C”だよね・・・・

 

”リリリリリ・・・・”

 

(あ、タイマーだスパゲティーが茹で上がった!)

 

スパゲティーをザルに移し・・・・

 

(分からん!NIKKAに聞こう)

 

19歳のNIKKAに聞くのも変だが彼女には家族が居るから胃の薬ぐらい分かるだろう。

 

「胃の薬でクリメールSって有るんだけどスペルが分からないんだ?」

 

「そんな薬聞いた事が無いです」

 

「近所の人に聞けば分かるから胃の薬だぞ!」

 

フライパンが1個しかないのでハンバーグが焼きあがるのを待ちその油と有る物を使い自家製ソースを・・・・

 

材料:バター・ケチャップ・焼きそばソース・ミルク・塩コショウ・砂糖・・・・

 

(こんなモンかな〜?)

 

デミグラスソースでも有れば簡単に出来るのですが・・・・

 

それから今度はスパゲティーを炒めた。

 

(塩コショウだけでこのソースに合うだろう)

 

そこにメールが・・・・

 

(NIKKAだ!)

 

見ると・・・・・・

 

(エエ〜”K”だ〜〜〜)

 

”KREMIL-S"

 

(クレミル・S)

 

でした。

 

(20年以上前ですから似ては居たが忘れます)

 

さすがNIKKAちゃん良く調べたな・・・・・

 

(近所に人がたくさん居ますから誰かが分かります)

 

 

 

 

昔、水産会社に居た頃ストレスで胃が痛く夜になるとお腹がいっぱいでも空いていても痛くて眠れませんでした。

 

(日本の会社とフィリピンの工場の間に入りお互いの言い分の処理をしてました)

 

どんな向きをしても痛くいろんな薬を飲んでも効かず最後には横になれないから座って寝ておりました。

 

そんな状態が1年続きある日・・・・

 

毎月工場に従業員の検診に来ている医者が来た。

 

(私は工場とは関係ないからな〜?)

 

と思って居たが部屋に誰も居なかったので入って行き・・・・

 

「ちょっとイイですか?」

 

「はい、何か?」

 

(女医さんです)

 

胃が痛く寝られない説明をすると・・・・

 

「それならこの薬を毎日食後3回飲んでみて下さい」

 

と書いてくれた・・・・

 

「これは処方箋が無くても買えるのですか?」

 

「はい何処の薬局でも売っております」

 

(1錠5ペソぐらいでしたが当時ビールも5ペソだったので高いと言えば?)

 

女医さんの言われた通り飲んで居たら4〜5日後から胃の痛みが無く真っ直ぐ寝られる様のなりました。

 

(これは凄い!)

 

それから2ヶ月ぐらい続け飲むのを止めましたが痛く無くなりました。

 

(フィリピンの薬は凄い!)

 

それからは誰かが「胃が痛い」と言うと教えて上げておりました。

 

 

 

 

 

ASNさんに・・・・

 

”KREMIL-S"

 

と送りました。

 

(これが私の胃を治したクレミルーS)

 

 

(右のピンクの薬を飲んでました)

 

日本語で探しても出て来ませんでした・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

(ヤバイ!スパゲティーが?)

 

完成:

 

 

(初めて作ったハンバーグスパゲティー)

 

ネコちゃんを呼んで食べさすと・・・・

 

「美味しい〜〜」

 

「お前は何でも美味しいって言うから本当かどうか分からないよ〜?」

 

「本当に美味しよ」

 

私も食べたがハンバーグもソースと良かった。

 

(次回はあい引き肉にし油を増やしもうちょっとジューシーに作りましょう)

 

自粛は家で料理です。

 

 

 

 

(久々に・・・・頭痛い〜〜〜)

 

昨日の夜はご近所さんが集まり飲みました。

 

(あのメンバーじゃ〜頭も痛くなるよね〜?)

 

しかし話はおもしろかった・・・・・

 

(3つ密と禁酒なのに?)

 

(明日書きます)

 

 

 

 

 

セブでの30数年の経験を生かし、田舎の後輩が経営している東京のコンサル会社と提携して「フィリピン セブ ビジネス展開・長期滞在支援サービス」を始めました。

 1.現地進出事業に関する情報提供および現地での案内

   事業の可能性

   人材・設備・不動産等の調達・契約

サンプル販売の支援

2.現地滞在希望者への助言

3.その他もろもろ現地サポート

 

日本でのご相談は以下まで:

青山国際LLC http://igaap.jp/

公認会計士税理士 小池敏雄  cpa@igaap.jp  TEL:810364592374

 107-0061 東京都港区北青山1−4−1 ランジェ青山3

 

 

 

 

 

- | permalink | comments(2) | - | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

ダバオの封鎖解除は、いい知らせですね。今年の奥様の墓参はどうするんでしょうか?今、ミンダナオに行くのはとても難しいですよね?
iちゃん | 2020/05/15 2:35 PM
Iちゃん、今の時点では無理です。

一人で日帰りなのでお金も掛からないから行きたいのですが・・・・
naoki | 2020/05/19 10:31 AM
コメントする









居酒屋 神楽 公式サイト kagura.logo NAOKI物語 第1話〜10話


ブログランキング・にほんブログ村へ