Naoki の居酒屋日記

フィリピン・セブ島在住20年の Naoki が綴る居酒屋日記
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 近くのプール。 | main | セブで頑張る男達。 >>

色付きのヒヨコ。

 

「何だ?オウムか?」

 

(小学校の前で売っている鳥)

 

 

(色はオウムぽいが???)

 

「鶏?」

 

ヒヨコに赤やら青のペンキを塗り売っているそうです。

 

「幾らしたの?」

 

「10ペソです」

 

たった10ペソでヒヨコを売っておりました。

 

ヒヨヨと言えば前にも書いたのですが・・・・・・

 

娘が小さい頃、

 

(生卵が食べたいな〜?)

 

と考え近所にヒヨコが売っていたのでメスだけ10羽買いました。

 

(ヒヨコだから明るくしないと)

 

箱に入れ電球を買い夜も照らした。

 

少しずつ大きくなり鳥小屋を作り卵を産んだら転がり落ちて来る様にした。

 

(これで完璧だ)

 

家に裏で飼って居たのであまり見には行かなかった。

 

それから約2週間後、

 

(大きくなったかな〜?)

 

と見に行くと・・・・

 

(あれ?7羽しか居ない?)

 

「どうしたんだ?3羽居ないじゃないか?」

 

「猫に食べられました」

 

(そうか〜ネコの手が入るからな〜)

 

十字に板を貼り猫の手が入らない様にした。

 

それから1ヵ月後・・・

 

(もう卵を産むかな〜?)

 

と見に行くと3羽しか居なかった。

 

「どうしたんだ〜4羽居ないじゃないか〜」

 

と大声で叫ぶと・・・・

 

「姉さんの誕生日に食べました」

 

「どうして〜あれは私の鶏だ〜誰が食べていいと言ったんだ〜」

 

「貴方も食べたでしょう?」

 

「エエ?私も?」

 

「貴方”この鶏やわらかくて美味しいな”って言ってたじゃない?」

 

「あの時のチキン?」

 

「砂肝やレバーもあったでしょう?」

 

(ヤラレた〜〜〜)

 

「これは私が卵を生で食べる為に買ったんだもう食べないでくれ」

 

「分かった」

 

その後一週間日本へ行く事になり戻ると・・・・

 

(鶏小屋に鶏が居ない?)

 

「どうして1羽も居ないんだ?」

 

「私が留守の時に食べたみたい」

 

「あれだけダメだと言っただろう?1羽ぐらい残せよ〜?」

 

それから生卵も諦め鶏を飼うのを止めました。

 

(皆様フィリピンで鶏を飼うとみんな食べられてしまいます)

 

 

 

 

 

これも娘が小さい頃・・・

 

「犬が欲しいって」

 

「犬なんかたくさん居るじゃないか?」

 

(当時家の敷地内に7〜8匹雑種の犬が居た)

 

「誕生日に白い犬が欲しいって」

 

SMへ行くと白い犬が売っていた・・・・

 

「高いな〜〜?)

 

(15000ペソ)

 

いろいろ見ると”ジャパニーズスピッツ”と書いた白い犬が居た。

 

(7000ペソ)

 

「この犬がイイだろう?」

 

「あっちの白い犬の方が可愛い」

 

「これも可愛いぞ」

 

返事は無かったので妻に、

 

「これにする様に言えよ」

 

仕方無さそうに返事をしたので買った。

 

(飼えば可愛いからいつも一緒に居た)

 

「他の犬がたくさん居るから外には出すなよ」

 

しかし犬は出たがり煩いくらいに泣くから出すと他の犬たちと遊んでいた。

 

そして数ヵ月後死んだ・・・・

 

「どうして死んだの?」

 

「外で毒を食べた様です」

 

「他の犬は大丈夫じゃないか?どうしてこの犬だけが?」

 

「分かりません?」

 

「だから外に出すなと言っただろう?」

 

飼ったのが数ヶ月だったのでそんなに悲しみはしませんでした。

 

(生き物はこれだから嫌なのです)

 

その後外に出た犬が帰らなくなったり病気で死んだりで妻が亡くなる頃には一匹も居なくなりました。

 

 

 

 

 

セブでの20数年の経験を生かし、田舎の後輩が経営している東京のコンサル会社と提携して「フィリピン セブ ビジネス展開・長期滞在支援サービス」を始めました。

 1.現地進出事業に関する情報提供および現地での案内

   事業の可能性

   人材・設備・不動産等の調達・契約

サンプル販売の支援

2.現地滞在希望者への助言

3.その他もろもろ現地サポート

 

日本でのご相談は以下まで:

青山国際LLC http://igaap.jp/

公認会計士税理士 小池敏雄  cpa@igaap.jp  TEL:810364592374

〒 107-0061 東京都港区北青山1−4−1 ランジェ青山3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

まあ〜よくあることです。
KTVの姉ちゃんがビジネスしたいと。豚を飼うと子供をバンバン産み大儲けだから投資しろと。親戚の家で豚を飼った。しばらくすると嵐で豚小屋ごと流されたと。どうも全部食われちまったみたいだった。
あ | 2019/09/05 2:13 PM
ハハハハ・・・・

豚は高いから痛いですね〜ヒヨコなら10ペソです。
naoki | 2019/09/08 1:47 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kagura-cebu.jugem.jp/trackback/3257
この記事に対するトラックバック
居酒屋 神楽 公式サイト kagura.logo NAOKI物語 第1話〜10話


ブログランキング・にほんブログ村へ