Naoki の居酒屋日記

フィリピン・セブ島在住20年の Naoki が綴る居酒屋日記
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 姉の誕生日。 | main | ブラッドムーン? >>

堤防が道?

 

先日も書きましたがKIMUさんが来ていてゴルフへも行きました。

 

(足腰の悪いKENさんは今年最初にゴルフでした)

 

 

数年ぶりにお会いしたAMZさんグループも一緒でした。

 

その中にSGTさんと言う旅行会社の方が居て、

 

「また来月12名でセブに来るのですが1回神楽で食事をしようと思っております」

 

(嬉しい〜〜〜〜)

 

AMZさんは数年ぶりでしたが良いお客様を紹介して頂きました。

 

(皆様有り難う御座いました)

 

 

 

 

 

 

 

皆さんをラディソンブルーへ送った後、

 

「KIMUさん見てよ〜あんな所に人がたくさん入って行くよ」

 

 

臭いどぶ川の堤防が道となり中にある家へと入って行ったのです。

 

(こういう所には住みたくないよね〜〜)

 

 

 

 

 

 

KIMUさんは英語がペラペラなので・・・・

 

 

この日もウィリーと飲み彼の話を聞きました。

 

(話が好きな外人です)

 

「久々にトルコ料理屋で煙を吸いますか?」

 

足の悪いMIYUKIちゃんとKS君も一緒にタクシーに乗ると・・・・

 

「どうやって乗るんだ?」

 

 

(この足曲がりません?)

 

「一番最後に」

 

我々が乗り最後に足を伸ばし足を上げ何とか乗れました。

 

(そこまでして飲むのか〜〜?)

 

タイムスクエアーへ着きお店に入り飲んで居ると、

 

「NAOKIさんですか?」

 

「あ〜ぁ秋田屋さん?」

 

(エースのビルにある和食の秋田屋さん)

 

「今度隣でやる事になりました」

 

 

MANAB〜君の友達の韓国人ジュン君が持っていた和食屋を秋田屋さんが借りたのです。

 

(その店を見に行き隣にあるトルコ料理店へ入ってのです)

 

この日も大酒を飲みました。

 

(オープンしたら行きますね〜〜)

 

 

 

 

 

先日はSHIMOちゃんが来てくれ、

 

「今回はダイビングマスターを取りに来たんだ」

 

「もうそこまで行ったの?」

 

 

ダイビングの事は良く分からないが、

 

最初に、オープンウォーター〜スペシャルティ〜アドバンス〜レスキュー等とあります。

 

(数日来て頂きました)

 

SHIMOちゃん今度はゴルフで来て下さい。

 

 

 

 

 

 

久々に山梨から爺会ゴルフ仲間のTKBさんが帰って来ました。

 

 

(いつも有り難う御座います)

 

お餅は皆でお鍋に・・・・・

 

「冬の間出来ないから」

 

と言っても絶好調でした。

 

(友達なくすよ〜〜)

 

 

 

 

 

 

 

「母からです」

 

とIちゃんが来てくれました。

 

 

「本物のお餅だ〜〜〜〜」

 

早速お雑煮にして食べましたがやわらかくて伸びて美味しかったです。

 

(翌日は焼いて”あッ!”と言う間になくなりました)

 

Iちゃんのお母さんいつも有り難う御座います。

 

 

 

 

 

 

 

 

- | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

喜んでもらえてうれしいです
iの母 | 2018/01/31 5:16 PM
【大学受験について】

初めまして、小次郎と申します。P国とは全く関係ないのですが、3〜4年前にミンダナオの〇年さんのブログに辿り着き、それ以降海外にお住まいになっている方のブログリンクがあることを知り、皆さんの投稿を楽しく読ませて頂いています。
30年ほど前に、取引先でP国に嵌っておられる方から、何度も話は聞かされていましたので、皆さんの記事を読みますと、なるほど納得しております。

20年ほど前に駒ヶ根の光前寺の上にセカンドハウスを持っていたこともあり、駒ヶ根・伊那はよく行きました。10年ちょっと前にケガをしたこともあって、駒ヶ根の家は売却してしまいましたが、いまでも懐かしく思っています。

お嬢さんが日本の大学へ(もしくはセブの)行きたいとのこと。P国の教育制度が日本と異なりますので、現在のままでは受験資格がないですね。セブで短大のようなところを卒業されているようでしたら、受験資格があるかもしれません。(12年以上の教育を受けていること、若しくは大検に合格していること)

何を勉強されたいのか存じませんが、伊那から通学出来るところと言えば、信州大学の農学部か長野県看護大学でしょうか。
他の都市でアパートを借りて、私学へとなれば、なかなか大変なことだなと思います。

前置きが長くなってしまいまいしたが、大学にはいくつか受験方法があり、帰国子女枠というのもあります。
殆どの方は関係ないのでご存じないのですが、受験科目が極めて少なく、穴場だと言えます。信州大学にもこの制度があります。長野県看護大学にはこの制度は無いようです。
http://www.shinshu-u.ac.jp/ad_portal/items/30boshuyoko_kikokusijo.pdf

今から多くの科目を勉強するのは無理でしょうし、伊那におられる間に、信州大学の試験課へ相談に行かれ、受験案内などの冊子を貰ってこられたら如何でしょうか。
入学試験の真っただ中ですので、大学はバタバタしているでしょうが、誰か応対してくれるでしょう。

ブックオフ(古書籍店)へゆけば、受験の赤本が沢山売られていますので、日本の大学受験がどのようなレベルを要求されるか、いくつかの本を購入されて、感じて貰うのが一番だと思います。
日本の高校の教科書と参考書を入手しておけば、P国へお帰りになってからでも、頑張って勉強されるでしょう。
先ずは、日本語の読み書きからですので大変でしょうが、自分が何を勉強したいのか、考えることからだと思います。私の子は、志望校を3つ落ちた時、「大学生になりたい」と呟やきました。4つ目で受かりまして、そこが第二志望だったので喜んでゆきました。
私は一年浪人しましたので、子供の呟きが良く理解出来ました。

きのこ屋さんでアルバイトをされているようですので、もし興味があるのなら、信州大学の農学部生命機能科学コースが最適だと思います。
http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/agriculture/department/l-function.php

伊那から通学できる処という条件を付ければ、嫌でも勉強するようになるでしょう。(笑)

もうすぐP国へお帰りになるそうですので、長々と書き連ね失礼とは思いましたが、何かのお役に立てれば幸いです。

最後に・・・私は高校時代に少し落ちこぼれていましたので、浪人せざるを得なかったのですが、この1年間に勉強したものは、今物凄く身についています。大学時代のものは殆ど身についていません。(70年安保の時代でしたので・・・年がばれますね)

メールアドレスがわかりませんので、場違いで申し訳ないのですが、コメント欄に投稿させていただきます。お嬢さんの健闘を祈ってます。
小次郎 | 2018/02/01 1:08 AM
小次郎様いろいろ教えて頂き有り難う御座います。

(信大農学部は近いです)

しかし日本の大学はお金も掛かるしアパートを借りたらもっと掛かるのと通学させても免許が無いので大変なのです。

今回は日本を諦めセブの大学を卒業させ運転免許も取らせまた日本へ行ってもらう事に致しました。

小次郎様アドバイス頂き有り難う御座いました。

naoki | 2018/02/03 1:01 PM
Iちゃんのお母さん、あのお餅は本当に美味しかったです。

(久々に本物のお餅を食べました)

有り難う御座いました。
naoki | 2018/02/03 1:04 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kagura-cebu.jugem.jp/trackback/2800
この記事に対するトラックバック
居酒屋 神楽 公式サイト kagura.logo NAOKI物語 第1話〜10話


ブログランキング・にほんブログ村へ