Naoki の居酒屋日記

フィリピン・セブ島在住20年の Naoki が綴る居酒屋日記
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< バランガイのクリスマスパーティー(2017) | main | 鹿児島の濱田酒造。 >>

将来の大谷?

 

今日は朝から雨・・・・

 

(爺会のゴルフは中止)

 

 

 

 

 

昨日、娘からメールが届いていた・・・

 

”日本の大学に行っていい?”

 

(日本の大学〜〜〜?)

 

”マミーが生きている時に(大学を卒業したらダディーを助けるのよ)と言われたから”

 

(今さら何を?)

 

”私大学を卒業したいの”

 

(アメリカへ行く前とぜんぜん違う?)

 

セブの大学のレベルでは日本の大学へは入れません。

 

”それならセブへ戻って来てこっちの大学へ入りなさい”

 

(残り2年)

 

”サンカルロスは遠いから嫌い”

 

(今まで行ってた大学)

 

”ママアンに連絡してCIEを調べてもらうよ”

 

そして今朝・・・・・

 

”ISI高田馬場”

 

(何だこれ?)

 

見ると大学ではなく日本語の学校でそこで勉強すると日本の大学へ行く事が出来た。

 

(学費は?)

 

入学金を入れて4週間で”92550円”だった。

 

”東京で住むなら生活費だけで10万円以上掛かるんだそれに学費だと20万円だぞ〜”

 

”分かったセブの大学へ行くけどCIEだよ”

 

調べさせたら・・・

 

”120000ペソ〜150000ペソ”

 

(高い〜〜〜〜〜)

 

前もそうでしたが1年間なので割って払えると思います。

 

 

 

 

”日本へ送り日本語を覚え早く働いて貰えば少しでも楽になる”

 

と言う私の夢が・・・・・・

 

(子供に働かせ楽をしようとするフィリピン人と同じ考え?)

 

私の夢はまだまだ先になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の暮れに銀座のEND家族が来てくれました。

 

 

(この家族が面白い)

 

「KENTO君大きくなったね〜」

 

「まだ小学生ですよ〜」

 

(大きな小学生?)

 

 

(高級なお菓子頂いちゃいました〜)

 

「どう相変わらず神宮球場へ行っているの?」

 

一人息子のKENTO君は小学校の低学年の頃から一人で神宮球場へ行き仕事を終えて来る二人の席を取っていたのです。

 

(中々出来ません)

 

 

(その当時の写真)

 

ヤクルトのユニホームを着ている方は応援団長。

 

「KENTO地元の野球大会で優勝したのですよ〜」

 

「見るだけじゃなくヤッテ居るんだ?」

 

「ピッチャーで4番ですよ」

 

「大谷みたいじゃないか〜」

 

「これ見て」

 

 オール中央が、逆転でオール練馬を破り初優勝を飾った。

 1回戦を9−1で快勝したものの、2回戦2−1、3回戦と準決勝は4−3と1点差での勝利が続き「楽な試合はなかった」と伊藤大太監督。

 決勝でも、決定打が出ず苦しい展開となり、4回まで0−0。5回表には失策など無安打で2点を先行された。

 オール品川との3回戦にも、1点ビハインドから遠藤健人君の逆転3ランで勝利した中央。直後には敵失で1点を返し、「逆転できる雰囲気になった」と指揮官。6回には2死二塁から9番・小沼寛太君が四球を選んで一、二塁とすると、この日1番に座った中川龍斗主将が、左翼線を深々破る3ランで逆転に成功。最終7回、江戸川との準決勝でも先発し粘投した遠藤君が中川主将から継投、先頭打者に死球を与えたものの、後続を打ち取り頂点に立った。

 伊藤監督は「3回戦の逆転勝利で(流れに)乗れた。ピッチャーも抑えていたし、1試合ずつまとまってきました」と振り返り、決勝では「2点取られた後に1点を取れたんで硬くならずにできたのが大きかった」と勝因を語った。エースナンバーを背負い奮投した遠藤君は「心拍数が上がりました」と準決勝での登板を振り返り「捕手が中川(龍)君だったので投げやすかった」とニッコリ。決勝で先発し、バットでも勝利に貢献した中川主将は「(活躍できたのは)素直にうれしい。チームメートがいたから勝てました」と声を弾ませていた。

 

「嘘〜〜〜KENTOの名前が載っているじゃない?」

 

(中央区の代表に選ばれました)

 

「この大会で優勝して貰いました」

 

 

(一番左の選手です)

 

「2枚も貰ったの?」

 

「最高殊勲選手賞とホームラン賞です」

 

ご夫婦に、

 

「凄いじゃないの〜将来二人は働かなくて済むよ〜」

 

 

(このバッティング凄いでしょう?)

 

小学校までは軟式でしたが中学から硬式チームに入り続けて行くそうです。

 

(将来が楽しみになって来ました〜〜〜)

 

”KENTO~~がんばれよ〜〜〜”

 

 

 

 

 

 

 

去年の暮れにはたくさんの方に来て頂きました。

 

危ない名前の・・・・

 

 

(HIROポンさん)

 

 

 

 

 

 

 

雨のためアイランドホッピングも行けず1回しかゴルフが出来なかった・・・・

 

 

(ITOさん)

 

 

 

 

 

横浜のNAKANAMAさん・・・

 

 

カズマックス君が伊達巻と栗きんとんを持って来てくれました。

 

 

 

 

 

 

(OGIさんもバナナ会)

 

 

 

 

 

 

(かまぼこも持って来た頂いたTSUBASAちゃん)

 

 

 

 

 

 

(久々にお会いしたナマヘゲ君)

 

皆様、有り難う御座いました〜〜〜〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

おおお、掲載してくださったのですね。
ありがとうございます。
ちなみにいただいた料理はエビのシシッグでした。

ひろぽん | 2018/01/27 6:44 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kagura-cebu.jugem.jp/trackback/2783
この記事に対するトラックバック
居酒屋 神楽 公式サイト kagura.logo NAOKI物語 第1話〜10話


ブログランキング・にほんブログ村へ