Naoki の居酒屋日記

フィリピン・セブ島在住20年の Naoki が綴る居酒屋日記
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アヤラの火事。 | main | 千人のクリスマスパーティー。 >>

交渉人。

 

昨日も・・・・

 

(あれ?インターネットが入らない?)

 

一昨日はネットは入ったが繋がらなかったが今度はネットも入らない。

 

チェックすると、

 

「あ〜〜ぁ!またヤラレタ〜〜」

 

 

(今度は電源の根元から)

 

「新しいのを買うしか無いな〜」

 

前日のは・・・・・

 

 

「何かカバーは無いのか?」

 

と言っても返事が無かった。

 

(またネズミとの戦いが始まりました〜)

 

 

 

 

 

 

一昨日の日曜日・・・

 

「日本人が留置されていて今日の3時に通訳が必要なんだ誰か居る?」

 

「今日の今日じゃ居ませんよ〜」

 

「ちょっと行って上げてくれないかな〜」

 

「貴方の知り合いですか?」

 

「違うんだ”日本人だから”と頼まれてね〜私では無理だからNAOKIさん行ってくれないかな〜?」

 

(日本人が困っているなら仕方ない)

 

と思い引き受けました。

 

場所はフェンテからコロンに向かう道沿い・・・・

 

「この辺にポリスステーション2ってありますか?」

 

「隣のビルだよ」

 

 

「ここだ〜」

 

 

(2と書いてあった)

 

中に入りポリスに、

 

「すみません日本人が入っていると聞いたのですが?」

 

(名前も聞いていたが言わなかった)

 

「オイ!OOO面会だ」

 

見ると狭い留置所の中に10人以上居て中から日本人が出て来た。

 

(50歳過ぎ?)

 

「こんにちは私通訳を頼まれて来ましたが何が有ったのですか?」

 

するとその男が機関銃の様に吠えながら話し始めた。

 

「すみませんそんな大きな声を出さずにゆっくり話して下さい」

 

彼はマンゴ通りに近いあるホテルに泊まっていてインドネシアに住んだいるとの事で内容は、

 

ホテルの前にロッジがありそこでオートバイを借りた時の係りの女の子にちょっかいを出し、

 

「そこのホテルに居るから来ないか」

 

と誘ったそうで、

 

「そんな事をしていたのですか?」

 

「いやいや冗談で言ったのです」

 

「冗談でも飲み屋の女性と違いますからね〜でも?それだけで捕まったのですか?」

 

「バイクを返す日が遅れて次の日になったら何千ペソも請求して来たので怒ったのです」

 

「今の様に?」

 

(機関銃の様に話して居た)

 

「だって、パスポートを預けていて”金を払わないと渡さない”と言うから頭に来て怒鳴ったのです」

 

「それだけで捕まったならお金を払えば済むんじゃないの?」

 

「それが俺が女の子を触ったとかで”10万ペソを払わなきゃ出さない”と言い出したのです」

 

「触ったの?」

 

「少し触れただけですよ〜」

 

(怪しい???)

 

「それだけでこんな所に入れませんよ〜?」

 

「やつ等が来たらここから出してくれる様に交渉して下さい」

 

(話している間臭くて気持が悪くなりました)

 

「それならちゃんと謝れますか?」

 

「出してくれるなら謝るよ〜」

 

「そうじゃなくて心から謝れますか?」

 

「分かった謝る」

 

3時を過ぎたが相手は来ない、

 

「3時の約束だけどまだなのか?」

 

「3時に仕事が終るから20分ぐらいじゃないですか?」

 

「じゃ〜私が外で待っております」

 

留置所の鉄格子沿いで話して居たから気持ちが悪かった。

 

外で待っていたが来ないから警察に、

 

「相手は来ないのか?」

 

「教会でも行っているんじゃないかな〜?」

 

「勘弁してよ〜私だって時間が無いのだから〜」

 

そると電話した・・・・

 

「通訳が待っているのだが?」

 

電話を切り、

 

「直来るって」

 

(最初から電話しなよ〜〜?)

 

また戻り、

 

「交渉するけど幾らだったら払えるの?」

 

「オーストラリアドルとインドネシアドンだから銀行で下ろせるのは15000ペソかな〜?」

 

「じゃ〜それで話してパスポートを返して貰う様に言うけど上手く行くかは保障しないよ」

 

「パスポートはオーストラリアのだからここさえ出られれば日本のパスポートで出国出来ますから」

 

(オーストラリアのパスポート?怪しい?)

 

「そんなの持っているんだ?」

 

「間に入ったロッジのマネージャーが嫌なヤツでソイツもオーストラリアのビザを持っていて”オーストラリアだったらこんな金額では済まない”と言うんだよ〜アイツが悪いヤツなんだ」

 

「分かった」

 

臭いから外へ出るともう4時だったので友人に電話して、

 

「3時に交渉と言っただろう?もう4時だよ〜?」

 

「相手が来なければ帰って来てもいいよ」

 

「来るとは言って居るんだけどもう1時間以上ここに居るんだよ」

 

「ジャ〜帰っていいですよ〜」

 

「かわいそうだからもうチョット待ってみるよ」

 

すると何処かのマネージャーらしき人が来た・・・・

 

「貴方が日本人を訴えた方ですか?」

 

「僕では無いのですが昨日本人が来たらあの日本人が大声で騒ぎ出したので彼女は怖くて何も言えませんでしたから私が来ました」

 

「最初から説明して頂けますか?」

 

彼が言うには・・・・

 

オートバイを借りに来たのでヘルメットを取りに奥へ行くと知らない間に付いて来てお尻から前の部分を触り、

 

「僕の部屋に来ないか」

 

と言うので驚いて飛び出したそうでその後も、

 

「1000ペソでどうだ?」

 

その後オートバイ代でもめて彼女の前で大声を出し汚い言葉で攻撃的になったそうです。

 

「ぜんぜん違いじゃない?」

 

「ちょっと聞いて見ます」

 

また鉄格子に行き、

 

「貴方女性を触ったんだって?」

 

「少し触れただけですよ〜」

 

「大声で怒鳴ったそうですね〜?」

 

「パスポートを返さないから怒っただけです」

 

「昨日も交渉の席で大声で叫んだそうですね〜」

 

「今は反省しています」

 

また戻り、

 

「こんな所に入り本人も反省して謝っておりますので出して上げて頂けませんか?彼も旅行者なのでそんな大きな金額は払えませんが15000ペソで許して頂けませんか?」

 

「分かりました本人とご家族に聞いてみます」

 

電話を切り、

 

「無理です”許せない”と言っております」

 

(この女性は2月に結婚の予定だそうです)

 

「そうですかそれでは話し合いでは無理ですね〜裁判となると彼も大変ですが彼女も簡単にはお金は入りませんよ?」

 

「彼女は”お金なんかいらないあの男が許せない”と言ってますから」

 

鉄格子に戻り全てを話すと、

 

「ヒドイ女だ〜明日弁護士を頼みお金を払い釈放してもらったら出国しちゃいますから」

 

(君の方がヒドイと思いますが?)

 

”フィリピンに来れば何でもOK"

 

と思っている方々が居ますがフィリピン人はプライドが高く大声で罵声を上げたり触ったり叩いたりしたら大変な事になるのです。

 

(日本でも直ぐセクハラと言われますが)

 

つまらない事で何時間も潰れましたが悪い事をしたら罰せられるのは当たり前です。

 

”日本人だから”

 

と助けに行きましたが出来ない事は出来ません。

 

(インドネシアに住んでオーストラリアのパスポート持っているなら通訳いらないじゃん?)

 

頼まれた方に電話すると、

 

「やっぱりそんなヤツなんだ〜」

 

と言っておりました。

 

 

 

 

- | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

NAOKIさんご無沙汰しております。以前ゴルフで500ペソ預けている宮澤です。急にセブに行くことになりました、時間が取れましたら、食事に行きます。
AMZ | 2018/01/09 5:20 PM
gyahahahaha!
naokiさん、そんなクソみたいな奴、一生バブイboxに入れときなよ〜

我々真面目なツーリストまで同じ目で見られちゃうよ
kuma | 2018/01/09 7:09 PM
オーストラリアのパスポート?国籍は日本ですか?オーストラリアですか?
花咲爺さん | 2018/01/09 9:29 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kagura-cebu.jugem.jp/trackback/2777
この記事に対するトラックバック
居酒屋 神楽 公式サイト kagura.logo NAOKI物語 第1話〜10話


ブログランキング・にほんブログ村へ