Naoki の居酒屋日記

フィリピン・セブ島在住20年の Naoki が綴る居酒屋日記
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< KENさんの快気祝い。 | main | ニューヨークでテロ事件? >>

みなこいワールドフェスタ。

 

MサのMさんからのニューヨーク情報:

 

”セブのタイムスクエアーじゃなくニューヨークのタイムズスクエアーです”

 

とビデオを送って来てくれました。

 

(やり方が分からないから出せません?)

 

 

”トランプ大統領の住んでいるタワーです”

 

(凄いビルだ〜〜)

 

 

”トランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー”

 

 

”警備が凄くて近寄れません”

 

トランプ大統領が住む最上階とホテルの入り口が違い大統領の入り口にはバリケードが張られ近寄れず何も見えなかったそうです。

 

(大統領になる前は観光客が集まり写真を撮っていたそうです)

 

”そんなホテルには泊まりたく無いですね〜”

 

”宿泊客は関係者か?話のネタ作りの人か?テロリストでしょう”

 

(テロリストには大笑い)

 

”昨日は雨が上がりトランプタワーの前にあるセントラルパークを散歩しましたが気持ちよかったです”

 

(イイですね〜〜〜〜)

 

”今は朝でしょう?”

 

(時差12時間)

 

 

(ウワ〜〜綺麗だ〜〜〜)

 

 

ニューヨークも秋を迎えている様です。

 

”明日ハロウィンパレードの写真を送ります”

 

(今頃パレードで盛り上がっていると思います)

 

 

 

 

 

 

我々も昨夜は小町のハロウィンパーティーで盛り上がりました。

 

 

(オバケを見に行って来ました)

 

小町と言えば一昨日W氏の長男ケンちゃんが来て、

 

「これ置いて頂けますか?」

 

 

「これは便利だ〜いつもお客様に場所を聞かれるんだが何と説明していいか分からず”マクドナルドの対面”としか言えなかったんだ」

 

(これを渡せばタクシーでも行けます)

 

ハロウィンパーティーのお話は次回書きます。

 

 

 

 

 

 

 

娘から・・・・

 

”みなこいワールドフェスタ”

 

(駒ヶ根のお祭り)

 

に参加した写真が送られて来ました。

 

 

雨の様でテントが張られておりました。

 

 

(そーめんみたいです?)

 

 

(何をお手伝いしたのかな?)

 

 

”タイのグリーンカレーソーメン”

 

タイ人のお手伝い?

 

 

(フィリピンの国旗が?)

 

みんな料理を作っている様でした。

 

 

(これビーフだよね〜美味しそう)

 

 

(何処の国の人だろう?)

 

そして・・・・

 

 

(ダンス?)

 

 

(民族衣装みたいだけど?フィリピン人?違うかな〜?)

 

 

(何かを売っております?)

 

 

(手作りなのかな?)

 

そして・・・・

 

 

(これは写真だがビデオが送られて来た)

 

いろんな国の人が居て娘はフィリピンの国旗を持っていた。

 

そのビデオでは、

 

”しあわさなら手を叩こう〜しあわせなら手を叩こう♪幸せならたいどでしめそうよホラ皆で手を叩こう”

 

「それでは中国語」

 

すりと中国語でこの歌を唄い始めた。

 

「次はベトナム語」

 

ベトナム語でこの歌を・・・

 

「タイ語」

 

「フィリピン語これ私」

 

司会している人と娘が二人で歌っておりました。

 

 

それからカンボジア・マレーシア・英語・スペイン・ブラジル・・・

 

「最後にもう一度日本語で」

 

(こんな田舎に外国人がこんなに住んで居るんだ?)皆が歌ったこの歌は坂本九さん日本の歌だと思って調べてみたらフィリピンとの関係が・・・・

 

 

日本では1964年坂本九が歌ってヒットした。童謡としても親しまれている。

作詞は早稲田大学人間科学部名誉教授の木村利人。元々は木村が学生時代フィリピンでボランティア活動をしていた際に原曲を耳にし、木村が帰国の途に着いた際にこれに詞をつけたものが元になっている[1]。これが仲間内の愛唱歌として歌われていたのを偶然坂本九が耳にし、いずみたくの元にうろ覚えのまま持ち込み、それを元にいずみが採譜してレコード化、

 

(フィリピンで耳にし日本へ?)

 

神楽スタッフの知っておりました。

 

 

 

 

この”地求人ネットワーク”にはいろんな国の人達が居て日本で働いておりました。

 

(同じTシャツ着ていたから娘は会員なのかな〜?)

 

 

(いろんな国の言葉で”幸せなら手を叩こう”が歌われ感動しました)

 

こんな田舎で娘はいろんな国の人達とお友達になり楽しく暮らしております。

 

 

(寒くなったのに”帰りたい”と言って来ないな〜?)

 

 

 

 

 

 

 

「こんなの出来ましたが?」

 

”神楽DE神楽”のお神楽で使う槍を頼まれていてトリオ君に作らせておりました。

 

 

(お魚?)

 

SKT隊長に送ると、

 

”返事によればこのままで良いとの事”

 

今度はペンキを塗って飾りを付け出来上がりです。

 

(トリオ君がんばって)

 

”11月11日”の”神楽DE神楽”皆様お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

- | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

信州も凄く国際化してるんですね〜皆さん楽しそうで素晴らしいことです。
iちゃん | 2017/11/02 11:31 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kagura-cebu.jugem.jp/trackback/2712
この記事に対するトラックバック
居酒屋 神楽 公式サイト kagura.logo NAOKI物語 第1話〜10話


ブログランキング・にほんブログ村へ